不動産登記|司法書士法人j-firm sendai・鈴木忠夫税理士事務所(宮城県 仙台)

   
不動産登記(不動産という大切な財産を守る手続きです。)

不動産登記について

不動産登記について
不動産登記は、売買、相続、贈与などによる所有権移転登記や抵当権の設定・抹消登記などたくさんの種類があります。
■ 所有権保存登記
不動産の所有者についてはじめてする登記です。
■ 所有権移転登記
売買、相続、贈与などを原因として不動産を取得した人のために登記します。
■ 抵当権設定登記
債務者が債務を履行しないときの担保として債権者(主に銀行等)のために登記します。
■ 抵当権抹消登記
完済により住宅ローンが消滅したときの抵当権の抹消登記をします。
ページの先頭へ

マイホーム購入時

マイホーム購入時
マイホームを購入した場合、建物表題登記・土地の所有権移転・建物の所有権保存・土地建物への抵当権設定登記などの登記が必要です。
■ 建物表題登記
取得した建物がどんな建物であるのかを明らかにするため、建物の所在・地番、家屋番号、建物の種類・構造・床面積を登記簿の表題部に記載するのが、建物の表題の登記です。一般的には土地家屋調査士が行います。
■ 所有権保存登記
建物の所有者として,任靴辛渋蠅妨示することで、自分の所有する建物であることを公示する登記です。
■ 所有権移転登記
土地の名義を・・売買、相続、贈与などを原因として不動産を取得した人のために登記します。
■ 抵当権抹消登記
住宅ローンの融資をした銀行又は住宅ローンについて保証した保証会社があなたの債務履行の担保として抵当権を設定する登記です。
ページの先頭へ

住宅ローン返済終了時(抵当権末梢)

住宅ローン返済終了時(抵当権末梢)
住宅ローンの返済が完了すると銀行などの金融機関から「抵当権抹消手続きの書類」が送られてきます。これをそのまま放置しておくと、不動産を売却しようと思ったとき、買主には借金が残ったままと誤解され、売却できません。また、新たな融資を受けられなくなるおそれもあります。金融機関から交付された書類には有効期限が設定されている場合があるので、すみやかに手続きを行なう必要があります。
ここはクリアスペースです!!
ページの先頭へ

サブメニュー

司法書士法人j-firm sendai・鈴木忠夫税理士事務所
〒980-0802 宮城県仙台市青葉区二日町3番10号グラン・シャリオビル5F
TEL:022-262-9372 FAX:022-262-9353